システムエンジニアの技術メモ

システム屋というのは、プログラムを書くときに細かい記述まで全て覚えているわけではありません。

「こんなことができる」ということさえキッチリ押さえていればOKです。

ここでは、いままでシステム開発の現場で使ってきた小技を中心にメモしています。

001. コマンド構文

002. 実行ファイルのパス/名前/サイズ

003. 日時の取得

004. 0バイトファイル作成

005. カレントディレクトリ内のフォルダを表示

006. カレントディレクトリ内のファイルを表示

007. FOR の使い方/テキストファイルを読む

008. テキストファイルの1行目だけを読む

009. カレントディレクトリ内のテキストファイルを結合

010. テキストファイルのソート(並び替え)

011. テキスト文字列を検索→結果出力

012. ファイル/ディレクトリのリスト出力

013. 時刻合わせ

014. PING の使い方

015. リモート接続/リモートドライブ接続

016. 異なるアカウントで実行/runas

017. ネットワーク設定/netsh

018. EUC, UTF-8 で FTP

019. 100分割実行.bat

020. バッチで「日付の形式」に対応する

021. UNC パスでバッチを実行

022. ドライブの空き領域をログファイルに出力

023. 文字列の長さ(バイト数)を取得、文字数を取得

024. 引数(YYYYMM, YYYYMMDD)を受け取り、月末(YYYYMMDD)を返す (bat + vbs)

025. net use で ネットワーク切断/切断するものを一覧から選択

001. テキストファイル切り出し

002. HTML を読む

003. ASP を読む

004. RSS(XML) を読む

005. WMIクラス/プロセス情報の取得

006. Excel マクロ実行

007. Access マクロ実行

008. CD ドライブ取り出し

009. 日付(YYYYMMDD) & 時刻(hhmmss)

010. VBScript から JScript を実行 + URI エンコード

011. WMIクラス/BIOS情報の取得

012. WMIクラス/Win32_ComputerSystem

013. WMIクラス/VRAM(ビデオメモリ)容量

014. ODBCデータソース名(DSN)の取得

015. ドメインユーザ パスワード変更

016. ローカルユーザ パスワード変更

017. ドメインユーザ情報をテキストファイルに出力

018. VBScript のインクルード

019. IP アドレスの取得

020. Windows シャットダウン/再起動

021. 「最近使ったファイル」のクリア

022. タイマー (sleep)

023. サービスの起動/停止/削除

024. 環境変数の取得

025. 実行パスの取得

026. ODBC接続/SQL(SELECT)結果をテキストファイルに出力

027. ODBC接続/SQL(DELETE/UPDAETE等)実行

028. LDAP情報の取得

029. UTF8 文字列の MD5 ハッシュ値

030. UTF8 文字列の SHA1 ハッシュ値

031. UTF8 文字列の SHA256 ハッシュ値

032. Shift_JIS 文字列の SHA1 ハッシュ値 & ファイルに書き込み

033. ファイルの SHA1 ハッシュ値

034. Shift_JIS 文字列 → BASE64 エンコード

035. Shift_JIS 文字列 ← BASE64 デコード

036. [CAPICOM] Shift_JIS 文字列のハッシュ値

037. [CAPICOM] Shift_JIS 文字列の BASE64 デコード

038. [CAPICOM] Shift_JIS 文字列の BASE64 デコード(その2)

039. IEで開いているアドレスを取得

040. ドメインユーザのパスワード有効期限

041. UTF-8 ファイル読み取り ⇒ Shift_JIS ファイル書き出し

042. エクセルのシート名、インデックス、オブジェクト名

043. Jet, ACE データベースエンジンでエクセル読み書き

044. Shift_JIS 文字列 → HEX(16進数)エンコード

045. Shift_JIS 文字列 ← HEX(16進数)デコード

046. バイナリ → BASE64 エンコード

047. バイナリ ← BASE64 デコード

048. バイナリ → HEX(16進数)エンコード

049. バイナリ ← HEX(16進数)デコード

001. JScript から VBScript を実行 + 日付チェック

001. HTML 文字セット

002. マウスカーソルについてくるテキストボックス

003. title 属性の代用/テキストボックス表示(その1)

004. title 属性の代用/テキストボックス表示(その2)

001. ServerVariables [環境変数]

001. ちょっと役立つショートカット

002. ちょっと役立つ書式設定

003. 関数/OFFSET

001. インデックス・デフラグ

002. コマンドラインから SQL を実行

003. 固定長データファイルをロード

004. 権限照会/権限追加/権限拒否/権限取消

005. インデックス照会/追加/削除

006. 領域使用状況レポート

007. DTS で 10秒待つ

001. 実行計画の確認(その1)

002. 実行計画の確認(その2)

003. AUTOTRACE/実行計画とパフォーマンス統計情報

004. 一時表領域の再構築

005. よく使う動的パフォーマンス(V$)・ビュー

006. 階層問合せ (Hierarchical Query)

007. RANK/ランク

008. テーブル定義

009. インデックス定義

010. 数値切り上げ/ROUNDUP

011. 横持ち→縦持ち (UNPIVOT)

012. 縦持ち→横持ち (PIVOT)

013. YYYYMM ⇔ FY, Mon 変換

014. SGA設定変更

015. 正規表現(数字か文字かの判断)

016. UPDATE(その1)

017. UPDATE(その2)

018. UPDATE(その3)

019. UPDATE(その4)

020. UPDATE(その5)

021. 集計関数の結果で UPDATE → MERGE

022. 表領域の使用率(%)

023. データファイルの使用率(%)

024. テーブルサイズ(バイト数)

025. MONTHS_BETWEEN の罠

026. ADD_MONTHS(改)

027. Oracle SQL Developer で SQL Server に接続する

028. 36進数(BASE36)⇔10進数

029. DDL のログを記録する ⇒ SCHEMA トリガー

030. データ値をカラム名に使用

031. アーカイブログのサイズ確認

032. MD5 ファンクション

033. 実行中のプロシージャ名 (OBJECT_NAME) を取得

034. 100レコード作成

035. BLOB インポート/エクスポート (VBScript)

036. テーブル・ファンクション/開始日と終了日を渡すと、その期間の月数分のレコードを返す

037. 「EXP-00003: セグメントに対する記憶域定義がありません」対処法

038. オプティマイザのバージョン 11.2.0.3 以降で挙動不審になる

001. essbase.cfg の基本設定

002. Essbase チューニング ポイント

001. PRG/DBCSフィールド短縮

002. PRG/日付チェック

003. PRG/日付チェック&日数加算

001. mmc.exe の活用

002. Sysinternals

003. グループ ポリシー オブジェクト エディタ

004. リモートコンピュータのプロセスIDを確認/msinfo32

005. ポート番号

006. Windows7/Excel 2010 で (.xls) を読み取り専用で開く

007. Windows7/Excel 2010 で (.xlsx) を読み取り専用で開く

008. キーボードショートカットキーの一覧

009. FTP クライアントの設定(Windows Server 2008)

001. 日付(YYYYMMDD)から曜日を算出

002. prefix multiplier

リンク