001. mmc.exe の活用
ファイル名を指定して実行(Windowsキー + R)で mmc と入力・実行
→ コンソール(C)
→ スナップインの追加と削除(M)
→ 追加(D)
→ 「コンピュータの管理」を選択 → 追加(A)
→ 別のコンピュータ(A) → IPアドレスを入力 → 完了 → 閉じる → OK
別のコンピュータをリモートから管理する事ができる

runas.exe を併用すると便利

002. Sysinternals

ProcessExplorer : タスクマネージャのようなものだが、より便利

procexp.exe

PsExec : リモートコンピュータでプロセスを起動する

psexec.exe \\computer -u domain\user -p password -d cmd

PsList : リモートコンピュータのプロセスを参照する

pslist.exe \\computer -u domain\user -p password

PsKill : リモートコンピュータのプロセスを終了する(かなり強力)

pskill.exe \\computer -u domain\user -p password PID

PsShutdown : リモートコンピュータをシャットダウン、リブートする

psshutdown.exe
Sysinternals サイト
003. グループ ポリシー オブジェクト エディタ
gpedit.msc
004. リモートコンピュータのプロセスIDを確認/msinfo32
C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\MSInfo\msinfo32.exe
操作(A) → プロパティ(R) → 別のコンピュータ(A) でリモートコンピュータに接続する
ソフトウェアの環境 → 実行中のタスク で実行中のプロセスを確認できる
005. ポート番号

▽ポート疎通確認

  OK・・・画面が真っ黒になる
  NG・・・「接続に失敗しました」とメッセージが出る
telnet.exe yahoo.co.jp 80

▽PortQry

PortQry 2.0 サイト
portqry.exe -n yahoo.com -p tcp -e 80

▽Well known

iana.org
006. Windows7/Excel 2010 で (.xls) を読み取り専用で開く
2012.03.11

▽レジストリ変更

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.8\shell\OpenAsReadOnly]
@="読み取り専用で開く(&R)"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.8\shell\OpenAsReadOnly\command]
@="\"C:\\Program Files\\Microsoft Office\\Office14\\EXCEL.EXE\" /dde"
"command"=hex(7):78,00,62,00,27,00,42,00,56,00,35,00,21,00,21,00,21,00,21,00,\
  21,00,21,00,21,00,21,00,21,00,4d,00,4b,00,4b,00,53,00,6b,00,45,00,58,00,43,\
  00,45,00,4c,00,46,00,69,00,6c,00,65,00,73,00,3e,00,56,00,69,00,6a,00,71,00,\
  42,00,6f,00,66,00,28,00,59,00,38,00,27,00,77,00,21,00,46,00,49,00,64,00,31,\
  00,67,00,4c,00,51,00,20,00,2f,00,64,00,64,00,65,00,00,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.8\shell\OpenAsReadOnly\ddeexec]
@="[open(\"%1\",,True,,,,,,,,,,,,1,,1)]"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.8\shell\OpenAsReadOnly\ddeexec\application]
@="Excel"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.8\shell\OpenAsReadOnly\ddeexec\topic]
@="system"
007. Windows7/Excel 2010 で (.xlsx) を読み取り専用で開く
2012.03.11

▽レジストリ変更

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.12\shell\OpenAsReadOnly]
@="読み取り専用で開く(&R)"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.12\shell\OpenAsReadOnly\command]
@="\"C:\\Program Files\\Microsoft Office\\Office14\\EXCEL.EXE\" /dde"
"command"=hex(7):78,00,62,00,27,00,42,00,56,00,35,00,21,00,21,00,21,00,21,00,\
  21,00,21,00,21,00,21,00,21,00,4d,00,4b,00,4b,00,53,00,6b,00,45,00,58,00,43,\
  00,45,00,4c,00,46,00,69,00,6c,00,65,00,73,00,3e,00,56,00,69,00,6a,00,71,00,\
  42,00,6f,00,66,00,28,00,59,00,38,00,27,00,77,00,21,00,46,00,49,00,64,00,31,\
  00,67,00,4c,00,51,00,20,00,2f,00,64,00,64,00,65,00,00,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.12\shell\OpenAsReadOnly\ddeexec]
@="[open(\"%1\",,True,,,,,,,,,,,,1,,1)]"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.12\shell\OpenAsReadOnly\ddeexec\application]
@="Excel"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.12\shell\OpenAsReadOnly\ddeexec\topic]
@="system"
008. キーボードショートカットキーの一覧
009. FTP クライアントの設定(Windows Server 2008)
2014.07.28

20番:データ用ポート(DIR コマンドの結果やファイルの送受信など)

21番:制御用ポート

 

Windows Server 2008 R2 ではデフォルトで20番ポートが閉じているため、

FTP Client として FTP サーバに接続したとき、

ログインはできるが DIR コマンドなどを投げた時に返ってこない状態になってしまう。

 

◆20番ポートの受信を許可する